ダウジングがいかに私に働くか


長年もの間、私は毎年2月になると肺炎を患っていました。そして毎年、回復するのに1ヵ月以上も要していたのです。しかし昨年は最悪でした。回復するのに2ヶ 月もかかったのです。入院するほどのひどさではありませんでしたが、仕事には行かなくてはならなかったのです。うまく呼吸ができませんでした。四六時中、 咳と痰に悩まされました。階段を自力で昇れなくなってしまうほど弱っていました。酸素を十分に吸っていないせいか、考えたり集中したりする事ができなかっ たのです。2ヶ月の間、私は毎週病院へ通っていたのですが、医師も私のことを心配していました。医師の処方した薬、8種類もの抗生物質もすべて試したのですが。より良い治療のために、医師は入院を勧めました。喘息治療用のステロイドによって、医原性の病気になるかもしれないと思い、私は心配になりました。


そこで、日本国内の全ての薬品が掲載された本を手に入れ、ダウジングをしたのです。「B」という薬品(薬品の正式名称は控えさせていただきます)のところで振り子は強く動きました。私は医師にこの「B」という薬品について尋ねました。彼は熟考しました。なぜならその薬品は過去の産物ということで、もう売られていなかったのです。しかし薬剤師が在庫を見つけたことにより、私はそれから一週間ほどで完治したのです。そして今年の2月、私は肺炎になりませんでした。まさに、これは振り子の力のおかげでしょう。